>

試験勉強方法いろいろ

勉強方法のメリットとデメリット

資格の勉強方法として、まずは勉強する環境を選ぶところからはじめます。
その環境とは、自分で勉強するか、通信教育で勉強するか、教室などに行って講師から学ぶか、などの方法があげられます。
それぞれのメリットを整理してみましょう。自分で勉強をするということは、それだけ自由度の高い学習をすることが可能となります。一方で、情報収集から何から何まで自分ひとりでやらなければならないため、様々な手間がかかってしまいます。
通信教育の利点は、しっかりとした教材やサービスを受けながらも、自分のペースで学習ができるという点です。その一方で、自宅に通信教育を受けられる、たとえばDVD教材があるのであれば、その教材を使える自宅環境であるかどうかが問題になってきます。

教室で勉強しよう

資格取得のための勉強の方法として、教室などで講座を受けたりするのが三つめの代表的な方法となります。
ここでのメリットは、とにかく良いサービスを受けられることです。たとえば、資格試験を実際に受けた人が提供した資料などが揃っていたり、そしてやはり一番のメリットは、その資格試験に関するプロ、講師が教えてくれるということです。
実際に授業を受けることによって、質問もすぐにすることができる、などといったメリットがあります。
デメリットは、数ある資格取得のための勉強方法の中で、一番お金がかかるということです。たくさんのサービスを受けることができる一方、その分予算がかかるのです。これらのメリット、デメリットを把握して、自分の勉強方法を決めましょう。


Share!
TOPへ戻る